ホンダ車のタイミングベルト交換

ホンダ車のタイミングベルト交換は、とにかく大変です。

 

今回は、ホンダストリームです。 D17A

通常のエンジンは右回転でクランクボルトも右ねじを使用しているので、分解組立とも問題なく行えますが、ホンダ車は左回転の右ねじボルトを使用しているので、とにかく固く締まっています。ガレージで普通に使うインパクトレンチでは外れ無い事が殆どです。私が普段使っているのはツインインパクトの1/2インチですが、びくともしません。1インチの巨大インパクトで外しました。

組み付けも十分なトルクで絞めておかないと、走ってる間に緩んできます。

おまけに、タイミングカバーを外すのにロッカーカバーを取らないといけません。

これは明らかに設計がおかしいです。

ホンダの車に乗っている方は、自分でタイベル交換せずに修理工場に持ち込むのが最善です。

 

 

それから、エンジンマウントを外さないとタイミングベルトを脱着出来ませんが、このマウントにダイナモやパワーステアリングポンプがついてます、なんと大変なのでしょう。

 

コメントを残す