フォルクスワーゲン スロットル・ボディー

昔の車は、スロットルがワイヤーやロッド・リンクで開閉。アイドリングはネジストッパーでアイドル・アップがソレノイドやバキューム・ポットでした。

昨今、電子サーボ制御が多くなりました。これらはコンピューター制御で調整いらず。便利かと思いきや、経年劣化の際、修理が困難です。

ワーゲンの場合は、非分解構造でアッセンブリー10万円くらいします。

古いポロなので、修理挑戦しました。

部品取りにした他のワーゲン スロットルボディー

ギアピンを抜き、リングギアを外す。

モーター端子板をピン穴両側で破壊

モーターを取り出す。取付は、部品取りの逆順。 不良モーター 。

修理終わって、無事に復活。しばらく乗れそうです。

ワーゲンPOLO

コメントを残す