ウソのような本当の話

ダイハツのラテ EFエンジンです。 車検時にタイミングベルトを交換して1日で、出戻り”エンジン不調”との事?

調べてみると、加速不良。スロットルセンサーか? 交換しても変わらない。もう一度タイミングベルト点検ー問題なし。

O2センサー点検、チャンバーの負圧センサー、アイドリングバルブ掃除、インジェクション分解、何をやっても治らない。

お手上げ状態。プラグを外してみても正常燃焼。

加速時のみの失火状態ーもしやイグニッションコイル?

試しに交換してみると、治りました。イグニッションコイル不良です。アイドリング時には正常でコンプレッション時のみ失火。

そんな事が有るのですね?知りませんでした。まだまだ勉強が足りません。

E36 リアハブ分解

02からBMの整備やってますが、こんなに整備性の悪い車は初めてだ! 36以降はそんな物なのか。

まず、ドライブシャフトとハブのスパイラルが外れない。CRC掛けてプーラーでテンションかけて1週間放置。

その後、プーラーのセンターボルトを大ハンマーで叩き込んでやっと固着解除。

スタビライザーとリアマフラーを外してドライブシャフトを抜く。

 

あとは、スライドハンマーでハブを外し。

ベアリングを分解する。

ハブに残ったリングはベアリングプーラーで外す。

Cリングを外してベアリングを抜き取る。

通常BMのベアリング交換は半日の作業だね。今回はシューも割れていたので、一緒に交換した。

ortofon ハーマン時代

モノラルカートリッジはステレオのそれとは異なる構造です。コイルの巻き方も必然と特殊。特にダンパーは構造上のしわ寄せ部分である。定期的なメンテナンスが、必須となる。今回ジエンゴムを使用してみた。大分歯切れのよい音になりました。針圧も5gで安定しています。あとはワイド感の強い音に仕上げたい。次回コイル巻きに挑戦する。

EC-CUBE3 管理画面ログイン

最近、Firefoxを57に更新しました。通常のアップデートではなく、新規のインストールです。ブックマークのインポートせずに、旧ブラウザを削除してしまいEC-cube3にアクセスできなくなりました。

そんな事で、フォルダーを探しまくりましたが難解・・・。

WEBで検索しまくり・・ついにゲット。

https://サイト名/インストールフォルダー/管理フォルダー/ みたいな。

無事にアクセスできました。EC-CUBEは、フリーで良いのですが、説明書が無いのが難点です。

あと、サイトのicoはフォルダー内のfavicon.icoをご自分の希望する画像に変更するだけ。

場所は・・・

インストールフォルダー/html/template/admin/assets/img内

インストールフォルダー/html/template/default/img/common内

インストールフォルダー/html/template/install/img/common内

の3カ所だと思います。利用環境に合わせて変更すれば良いと思います。

 

フォルクスワーゲン スロットル・ボディー

昔の車は、スロットルがワイヤーやロッド・リンクで開閉。アイドリングはネジストッパーでアイドル・アップがソレノイドやバキューム・ポットでした。

昨今、電子サーボ制御が多くなりました。これらはコンピューター制御で調整いらず。便利かと思いきや、経年劣化の際、修理が困難です。

ワーゲンの場合は、非分解構造でアッセンブリー10万円くらいします。

古いポロなので、修理挑戦しました。

部品取りにした他のワーゲン スロットルボディー

ギアピンを抜き、リングギアを外す。

モーター端子板をピン穴両側で破壊

モーターを取り出す。取付は、部品取りの逆順。 不良モーター 。

修理終わって、無事に復活。しばらく乗れそうです。

ワーゲンPOLO

EMT XSD15

カッティング針に近い構造、と言われるEMTのSD15の繊細な音の源は、緻密な手作業なのだろうか。綺麗に巻かれたコイルはとても手巻きとは思えない。コイルとマグネット・ヨークの間は、金属ゴミが付着しやすいので、時々掃除すると良い。

チップ先端の画像です。綺麗な方でしょうか。音はまだ良好です。SFL

全体のレイアウトは

こんなです。チップの位置をかなりシビアに調整できます。考え抜かれた配置と機能なのでしょう。これでも物足りずに、チューニングする人の気持ちが凄すぎます。

私は、現状満足してますが、時々掃除がてら眺めております。

DAIHATU B型エンジン 平成2年式

ダイハツのディーゼルエンジン(トヨタ製)平成2年車です。27年動かし続けて、とうとうラジエーターが破裂した。

昔のラヂエーターだから、真鍮ベースの部品に全て半田づけ。

半田の劣化による破断と思われる。サーモ不良で、温度も上がっていた。

30年近く使ったので元は取っているでしょう。

プレーヤーで音が違う

リムドライブ、ダイレクトドライブ、ベルトドライブ、等プレーヤーには色々なバリエーションが有ります。プレーヤーに因って音が違うのは事実です。
元々、マイクロのプレーヤーを使っていましたが、ガラード301を聴く機会が有り、魅了されました。
すぐには301を購入する勇気がありませんでしたので401を購入しました。mini1

やはり良い音ですが、マイクロと大差なく301とは一線を画する物でした。

その後301を導入。301は凄い!!

mini2

結論では、301は低音に若干の曇りがあり、総合的には401がベストな再生音です。

ちなみに、テーブルマットは、オヤイデ電気の物です。

追記:オヤイデのテーブルマットはすり鉢型なので、スタビライザー前提です。スタビの嫌いな方は、東京防音のハネナイトをお薦めします。

オヤイデの方が輪郭がクッキリと浮き出てきます。

追記2:音の違いは、プラッターとマットのみ、駆動方式には依存しません。シャフト。グリスは気持ち的な差が有るものの、無視できる範疇です。

スピーカーその後

スピーカー良い音でしたが改良しました。

044ウーハーが2215 ホーンが2345に変更しました。

安定した中高音質です。以前はレンズ無しでしたので、試聴位置で若干の音質、音量にバラツキが有りましたが改善です。

E140から2215への変更は大きいですね。

迫力は無くなりましたが、解像力は格段に上昇です。

ネットワークはHI/16Ω LO/8Ωで設計したので、LOを改良する必要がありますが、今の所、まぁいっか。

The key to enjoy life